コミトレの初期費用はいくらから?【3万円で開始すると大損する?】

※当サイトはPRを含む場合があります
筆者

ヨシキ@副業トレーダー
・サラリーマンをやりながら副業でFXをやっている35歳、二児のパパ
・会社と妻には内緒で副業FX
・初心者が一度は経験する失敗は一通り経験
・現在は月100万円以上安定して利確

今日の記事は、こんな人向け↓↓

  • コミトレはいくらから始めるべきか?
  • 3万円で始めても大丈夫なのか?
  • トレーダーによって必要な資金は違う?
YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

こんにちは!FX歴6年のヨシキです!

今日のテーマは「コミトレの必要資金」です。

コミトレをはじめて見たとき「すごく良さそう!」と思ったのですが同時に、「どのくらいの初期費用が必要なんだろう?」という疑問が浮かびました。

公式サイトを見ると3万円から開始できるようなことが書いてあったのですが、僕の経験上、「コミトレのような自動売買は3万円だと厳しいのでは?」と感じました。

そこで、口コミの調査や僕の経験など踏まえてコミトレの必要資金を考察。

考察結果をこの記事を読んだ人にも共有してもらえればと思います。

当記事を読むことですぐにコミトレの初期費用が分かり、最適な資金でスタートできます

初期費用を間違えてしまい負けている人は非常に多いため、そうならないようにぜひこの記事で正しい初期資金を知っておいてください

この記事で分かること
  • コミトレを始めるのに必要な資金
  • トレーダーごとの必要資金について
  • 継続入金をオススメする理由
★ヨシキの公式LINEはこちらです

コミトレの初期費用は20~30万円が理想!

結論から言うと、コミトレの初期費用は20~30万円が理想です。

「20~30万円って多くない!?」と思った人もいるかもしれません。

しかし、コミトレのような「自動売買サービス」はポジション数が多くなる傾向にあるため、それなりの資金が必要です。

自動売買サービス:プログラムやシステムに取引を任せるサービス

ポジション数が多くなると、「必要証拠金(取引時にFX会社に預ける担保金)」や損失が発生したときの金額も大きくなるのが特徴

そのため、必要な資金もそれだけ多く必要になってしまうのです。

コミトレの初回の最低入金額は3万円なので、実際は3万円から始められます。(2回目からは1万円)

ただし、口コミなどを見ると3万円で開始した人の多くはすぐに「強制ロスカット」になってしまっています

強制ロスカット:証拠金維持率がロスカット基準に達して、全てのポジションが強制的に決済されること。

コミトレのロスカット基準は100%。

資金が少ないほど損失が発生したときの証拠金維持率の低下が大きくなり、ロスカット基準に達しやすくなってしまうのです。

たとえば、おなじ1万円の損失でも資金が違うと以下のように異なります。(ドル/円130円を1万円通貨で取引時で計算)

資金 証拠金維持率
10万円 192%
20万円 365%
30万円 558%

※証拠金維持率 = 有効証拠金÷必要証拠金×100(%)

それに対して、利益を上げている人の多くは資金に余裕を持って取引しています

その中には20万円の資金で利益を上げ続けているという人もいました

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

僕の経験上、コミトレのようなポジションが追加されていくタイプは20~30万円はないと厳しいかと思います。

実際、僕も最初は20万円からスタートして利益を出しました!

コミトレについてはこちらの記事でまとめています。

コミトレFXの特徴をどこよりも分かりやすく解説!【メリット・デメリット・評判】
コミトレの特徴である「ソーシャルトレード(コピートレード)」や、サービスのメリットとデメリットを詳しく解説。また、コミトレの評判も調査して本当に勝てるサービスなのかも考察していき、コミトレはオススメなのかをお伝えしています。

コミトレの必要資金はトレーダーごとに変えるべき!

コミトレの必要資金は、フォーローするトレーダーごとによって変えるべきだと僕は思います

トレーダーによって取引スタイルが違い許容する損失額も違うため、必要資金も変わってくるからです。

取引中に発生する損失額のことを「ドローダウン」と呼びますが、ドローダウンをどのくらい許容するかはトレーダーによって考え方が異なります

  • トレーダーA:口座資金の10%のドローダウンを許容
  • トレーダーB:口座資金の50%のドローダウンを許容

上記の場合、当然トレーダーBのほうが大きな資金が必要です。

理由は「取引が失敗した!」と見切りをつけるまで、トレーダーAよりもトレーダーBのほうが大きな損失額を許容するから。

例えば、同じ100万円で運用していたとすれば以下のようになるということですね。

  • トレーダーA:口座資金が90万円で取引失敗と結論
  • トレーダーB:口座資金が50万円で取引失敗と結論

コミトレはフォーローしたトレーダーと同じ取引をすることになるため、トレーダーがどのくらいのドローダウンを許容するのかも影響を受けます

よって、フォーローするトレーダーの損失額をチェックして必要資金も変えていく必要があるのです。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

トレーダーの損失額のチェックはトレーダーの自己紹介ページからできますよ!

出典:コミトレ

損失額で見るべきポイントは以下ですかね。

  • 極端に大きな損失が発生している箇所がないか?
  • 損失額が利益に比べて多すぎないか?
  • 損失になっている回数が多すぎないか?

コミトレの場合、トレーダーの細かいドローダウン率は分析できません

トレーダーごとの具体的な資金を提示するのは難しいですが、僕なりの目安を提示しておきますので参考にしてみてください。

フォローするトレーダー 必要資金の目安
損失額を多く許容するトレーダー +1~2万円程度
損失額を多く許容+取引回数の多いトレーダー +3万円程度
損失額を多く許容+取引回数が多い+値動きの荒い通貨ペアで取引するトレーダー +5万円程度

「損失額を多く許容するトレーダー」を20万円で取引するなら、21~22万円で取引するということですね。

トレーダーの取引回数や取引通貨ペアは損失額と同様、取引履歴から確認可能です。

なお、「値動きの荒い通貨ペア」とはおもに以下の2つの通貨ペアです。

  • ボンド/円
  • ボンド/米ドル

また、以下のように年間の「確定損益」がマイナスになっている場合、そもそも勝てないトレーダーであるためフォーローするのはやめましょう

出典:コミトレ

安定して運用したいなら継続入金がオススメ!

コミトレを安定して運用したいなら継続入金するのがオススメです。

継続入金していけば、口座資金が増えて損失にも耐えやすくなり、強制ロスカットされにくくなるからです。

また、余裕が生まれれば取引量を増やすことも可能になり、利益を拡大させることにつながります

そのため、お金に余裕があるときは入金するのがオススメなのです。

コミトレの場合、2回目からの最低入金額は1万円からであるため、入金するのは1万円で構いません

毎月が苦しければ2カ月に一回などでも大丈夫です。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

僕は毎月1万円をコツコツと入金していっています!

コミトレの必要資金についてよくある質問

ここではコミトレの必要資金についてよくある質問をまとめています。

疑問や悩みの解決に役立ててください。

取引手数料はある?

コミトレは取引手数料無料です。

売買時にはお金は必要ないため安心してください。

入出金手数料は発生する?

入出金手数料は以下のものがあります。

入出金方法

手数料

銀行振込による入金

1,000円(事務手数料)

Pay-easyによる入金

決済手数料+収入印紙代

海外送金による出金

2,500円

とくに気を付けたいのが出金時の手数料です。

出金は海外送金しか方法がないため、必ず2,500円の手数料を取られてしまいます

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

出金するたびに2,500円も取られるのは非常に痛いため、出金する回数はなるべく抑えたいですね。

普通のFXと比べて必要資金はどうなのか?

コミトレの必要資金は普通のFXと比べたらやや多めになるでしょう。

これはコミトレに限らず、自動売買FX全体がその傾向にあります

自動売買FXは取引をお任せすることになり、ポジションの保有量が増える傾向にあるため、ある程度資金に余裕が必要なのです。

それに対して普通のFXは自分で取引をするため、ポジションの量も自分で決められます

また、以下のような1通貨単位で取引できる会社もあり、1万円程度から始めることも可能です。

他の自動売買と比べて必要資金はどうなのか?

コミトレと他の自動売買の必要資金はそこまで変わりません

他の自動売買(おもに国内の自動売買FX)も20~30万円の初期資金が必要になると感じます。

「国内の自動売買は1,000通貨からできる業者が多いから資金は少なく済むのでは?」と思う人もいるでしょう。

確かにコミトレの取引単位は1万通貨からなので、国内の自動売買よりも多くの資金が必要になりそうですね。

しかし、コミトレはバレッジが500倍です。

レバレッジ:必要証拠金という担保金を預けて口座資金以上のお金で取引できる仕組み

それに対して国内の自動売買FXのレバレッジは25倍です。

レバレッジが異なると、取引時の必要証拠金が大きく違います

例えば、以下のケースで必要証拠金を算出してみます。

  • レート:米ドル/円・135円
  • 取引量:1万通貨

必要証拠金=(取引数量×レート」÷レバレッジ

  • レバレッジ500倍の場合:(1万通貨×135円)÷500倍=2,700円
  • レバレッジ25倍の場合:(1万通貨×135円)÷25倍=54,000円

上記をご覧のとおり、レバレッジ500倍の必要証拠金は2,700円で済みますが、25倍だと54,000円とかなり差があります。

必要証拠金は取引時に必ずFX会社に預けなくてはいけないため、必要証拠金の分の資金が拘束されてしまいます

しかし、コミトレなら必要証拠金が国内の自動売買FXよりも少なく済むのです。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

もちろん1万通貨で取引するため損失額が大きくなりますが、必要証拠金が少ないため必要資金が軽減され、国内の自動売買FXとあまり変わらなくなるというわけですね。

まとめ

コミトレの初期資金は20~30万円を用意しておくのがオススメです。

少々多く感じるかもしれませんが、コミトレのような自動売買は他者に取引を任せることになるため、資金に余裕を持っておかないと安全とは言えません。

ギリギリの資金で取引すると強制ロスカットになる危険があるため、オススメできないのです。

また、資金はトレーダーごとに変えていく必要があります

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

リスクを高くとるトレーダーもいるため、そうしたトレーダーをフォローするなら多めに資金を用意したほうがいいのです。

もっと安定して運用したいなら継続入金がオススメですよ。

継続入金すれば口座資金が徐々に増えていくため、口座資金に余裕が生まれて損失にも耐えやすいです。

以上がコミトレの必要資金に関してです。

コミトレはきちんと必要資金を理解し、正しく運用すれば稼せげる優れたサービスであるため、ぜひ登録して利益を上げてくださいね!

★ヨシキの公式LINEはこちらです
まなぶ
ゼロからはじめるFXの始め方
タイトルとURLをコピーしました