FXを少額で始める大事なポイントと退場しないための注意点

※当サイトはPRを含む場合があります
筆者

ヨシキ@副業トレーダー
・サラリーマンをやりながら副業でFXをやっている35歳、二児のパパ
・会社と妻には内緒で副業FX
・初心者が一度は経験する失敗は一通り経験
・現在は月100万円以上安定して利確

「FXは少額からでも始められるの?」
「少額投資の注意点はあるの?」

FXは少額からでも始めることができます!

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

こんにちは、FX歴6年のヨシキです!

今では月100万円を稼ぐ僕も、最初は少額から始めました。

この記事では

↓こんな内容を解説します!↓
  • FXは少額で始められるのか?
  • 少額でFXを始めるメリット
  • 少額取引をする時の注意点
  • 少額取引可能なFX口座を選ぶポイント

厳しいFXの世界で6年間生き残ってきた僕が徹底的に解説します!

FXを始めてすぐに退場してしまうということが起きないように、ぜひこの記事をチェックしてください。

★ヨシキの公式LINEはこちらです

FXを少額で始めるときのポイント

少額から始める場合、この2点には注意しましょう。

  • FX会社で最低取引通貨単位が違う
  • 少額でも最低1万円は用意した方が良い

それぞれ解説していきます。

FX会社で異なる最低取引通貨単位

取引通貨単位とは、取引をしなければならない最低限の通貨の量のことです。

FXの取引量は、各FX会社が設定している取引通貨単位で異なります。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

取引通貨単位が1万通貨単位のFX会社であれば、最低でも1万通貨からしか取引ができません。

1通貨単位の取り扱いがあるFX会社であれば、金額にして数百円程度から資金で取引できます。

少額からFX取引を始めたい場合は、そのFX会社の最低取引通貨単位を確認した上で、口座開設しましょう。

少額取引できるFX会社を選ぶポイントは後ほど説明しますが、例えば松井証券FXでは1通貨からの取引が可能です。

少額の目安は1万円

少額でFXを始める場合でも、最低1万円は準備したいところです。

FX会社によりますが、ドル/円の通貨ペアで1,000通貨取引をした場合の最低証拠金は4,000円程度です。

しかし、最低証拠金ギリギリで取引した場合、証拠金維持率が低いのでロスカットされやすくなります。

強制ロスカット、アラート、含み損

証拠金維持率

時価評価総額(含み損益を考慮した口座資金)に対する必要証拠金の割合。証拠金維持率を確認することで、ロスカットされるリスクを把握できます。

証拠金維持率=時価評価総額÷必要証拠金×100(%)

証拠金維持率が100%を切ると追加証拠金が発生し、50%を切るとロスカットが発生するのが一般的です。

例えば、証拠金を4000円、1000通貨で取引すると、米ドル/円が2円下がっただけでロスカットされてしまいます。

  • 100円×1000通貨=100,000円
  • 98円×1000通貨=98,000円

証拠金が4,000円の場合、証拠金維持率が50%以下になってしまいます。

証拠金維持率を高く維持し、すぐにロスカットされない状況で少額取引を開始しましょう。

ここまでは注意点を説明しましたが、もちろん少額で取引するメリットもあります。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

むしろ最初は少額取引をおすすめします。

その理由を説明していきます!

少額でFXを始める3つのメリット

少額でFXを始めることのメリットはこの3つ。

  • 損失が小さいためリスクが低い
  • FX取引の経験を積める
  • 心理的な余裕を持ちやすい

僕も今では大きな取引通貨単位でトレードを行なっていますが、初心者の頃は少額から取引を始めました。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

少額の取引で多くの成功と失敗の経験を積めたことが、今のトレードにも役立っています!

損失が小さいためリスクが低い

特に、FXを始めたばかりの頃は失を小さく抑えることができるのは大きなメリットといえます。

例えば2%の損失を損切の基準とした場合、投資資金が100万円であれば損失は2万円ですが、投資資金が1万円であれば、損失は200円だけで済みます。

損失が小さいということは、トレードで負けても退場するリスクが低くなるので、結果的に次の「取引をたくさんこなして経験を積める」ことにつながります。

FX取引の経験を積める

少額でFXの取引を行い、失敗と成功を繰り返すことで、自分にあった取引スタイルが見えてきます。

取引には様々なスタイルがありますが、取引期間による違いの3つのトレード方法を紹介します。

  スキャルピング デイトレード スイング
トレード期間 ~数分 ~1日 ~2週間
利益目標 ~10銭 ~1円 1~5円
チャート(目安) 1分足・5分足 5分足・15分足 1時間足・4時間足
特徴 短時間で小さな利益を積み上げていく超短期売買 数十分~1日以内で売買 一度ポジションを持ったら数日~2週間と長期のスパンでポジションを保有するトレード方法
難易度 上級者向け 中級者向け 初心者向け
メリット ・1回の損失額が小さい
・資金効率が良い
・資金効率が良い
・翌日にポジションを持ち越さない
・テクニカル指標が比較的効きやすい
・トレンドに乗れば利益を伸ばしやすい
・長期足のチャートを見るため、テクニカル指標のだましリスクが低い
デメリット ・チャートを常に見る必要があり、トレード技術が必要 ・デイトレードに向いている通貨ペアはボラティリティが高い ・トレードチャンスは少ない
YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

僕の取引スタイルはスイングトレードで、タイミングによっては1日トレードしないこともあります。

自分のスタイルを確立することが重要ですよ!

また、通貨ペアにしても、これだけ多くの通貨がFXにはありますが、得意な通貨ペアを見つけることが重要です。

始めはドル/円、ユーロ/ドルなどの主要通貨ペアから始めて慣れていくのが良いですね。

  • USDJPY
  • EURJPY
  • GBPJPY
  • NZDJPY
  • AUDJPY
  • GBPAUD
  • EURAUD
  • EURGBP
  • EURUSD
  • GBPUSD
  • AUDUSD
  • NZDUSD
  • USDCAD
  • GBPNZD
  • GBPAUD

たくさんの取引を繰り返し、経験を重ねることで、はやく自分に合った取引スタイルを見つけましょう。

投資スタイルって例えばこういうこと

  • 短期のスキャルピング手法よりも、長期のスイングトレードが向いている
  • 通貨ペアはユーロ/ドルよりも、ドル/円が取引しやすい
  • 朝よりも夜の方が勝ちやすい

自分のスタイルを確立するまでは大きな取引はしないほうがいいですよ。

デモトレードも取引経験を積む方法として利用したいツールですが、リアルなお金を掛けていない分、どうしても緊張感が薄れて適当な取引になりがちです。

取引ツールの使い方や注文方法などに慣れるために、最初はデモトレードで取引しつつも、やはり少額でも現実のお金でFX取引の経験を積んでいきましょう。

ロスカットなどの習慣を身につけやすい

少額の取引は、損失も小さいため、損切りを行う習慣が身に付くといったメリットもあります。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

初心者が大きな含み損を抱えると損切りができず、損を取り戻そうとさらに入金をしてレバレッジをかけてしまいがちです。

まずは少額で心理的な余裕を持ちながら取引をして、良いトレード習慣を身に付けるようにしましょう。

少額取引をする時の3つの注意点

少額取引をする時には、

  • ハイレバレッジになりやすい
  • ロスカットされやすい
  • 相場分析がおろそかになりやすい

ことには注意が必要です。

僕も少額でFX取引をしていた時には注意していました。

ハイレバレッジになりやすい

レバレッジ

少額投資はハイレバレッジになりやすい点には注意が必要です。

少額投資は、損失が少なくリスクが小さい代わりに、その分利益も小さいという側面があります。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

少額資金で取引した人と、大きな資金量で取引した人では同じ労力にも関わらず、資金量の大きさによって利益が異なります。

そのため、利益を多くしようとして大きな取引(ハイレバレッジになる)をしがちですが、そうならないように注意しましょう。

FXに使えるお金が少ない場合は、まずは少額からFXを始め、取引スタイルを確立して勝てる確率が上がってから投資資金を増やすのが王道です!

ロスカットされやすい

FXの少額投資は、ロスカットされやすいことにも注意が必要です。

特にハイレバレッジになると、少しの為替の動きが大きな損失となる可能性があります。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

少額でFXをしている人の多くが、レバレッジで大きな利益を狙えると考えがちですが、そんなに簡単なことではありません。。

少額投資はロスカットになりやすいデメリットがあることを意識して、レバレッジは1~10倍程度から始めるのがよいでしょう。

相場分析がおろそかになりやすい

少額での取引は、負けても損失額が小さいため、「これくらいならいいか」と考えてしまい、相場分析がおろそかになりやすくなります。

勝っても負けても少額だからと言う理由で、初心者ほど相場分析をすることなく、直感でトレードを行う傾向があります。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

勘に頼ったトレードを繰り返してもFXのスキルが上達しないことは、僕の経験からも断言できます!

トレードをするだけでなく分析を繰り返すことで取引の勝率が上がってきます。

相場分析については、以下の記事で詳しく解説しています。

FXは本を読むだけでは勝てません。プロが教えるチャートを読む技術!
FXは本を読んだだけでは勝てません。FXは本よりチャートを読むことが重要です。 FXの本を何十冊も読んだ僕だから分かる、FXを本で学ぶ時にやりがちな失敗とチャートを読む上での5つのポイントを解説します。

少額取引可能なFX口座を選ぶポイント

FX会社を選ぶ時は、この3つのポイントは抑えておきましょう。

  • 取引単位は小さいか?
  • スプレッドは狭いか?
  • FX口座開設で特典はあるか?

取引単位は小さいか?

少額取引で最大のポイントは、取引単位が小さいFX口座を選ぶことです。

取引単位が小さいほど、少ない資金でFXを始めることができます。

取引単位が1万通貨だと取引を始めるのに5万円程度必要ですが、取引単位が1000通貨であれば約5,000円から始めることが出来ます。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

多くのFX会社では1,000通貨取引に対応していますが、FX会社によっては最低取引単位が1万通貨なので注意してください。

松井証券のFX口座は最小で1通貨からの取引が可能です。金額にして100円程度からの取引できるのでオススメです。

松井証券FXの公式サイトを見る

スプレッドは狭いか?

スプレッドが狭いFX口座を選ぶのもポイントのひとつです。

スプレッドとは、FX取引における買値と売値の差のことで、取引のたびにFX業者に支払う手数料を指します。

スプレッドの例

Bid(売)112.003 ー Ask(買)112.005

この場合、差額の0.002円がスプレッドです。1万通貨の取引であれば20円です。

スプレッドは実質的な取引手数料に相当するため、スプレッドが広いと利益を圧迫します。

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

少額取引ではコストを抑えることが重要です!

DMM FXのスプレッドは業界最狭水準

DMM FXのスプレッドは取引する時間帯を問わず固定で、米ドル円の場合で0.2銭です。

取引手数料は発生しないため、スプレッドが実質的手数料とコストを抑えることができ、初心者にとって成果を出しやすいFX会社です。

DMM FXの公式サイトを見る

FX口座開設で特典はあるか?

FXの口座開設で特典があるかどうかも、チェックしておくとよいでしょう。

FX業者の多くが、口座開設時に2〜5万円程度のキャッシュバックのキャンペーンを実施しています。

新規口座開設時のキャンペーンやキャッシュバックなどを上手く利用すれば、少ない手持ち資金でFXを始めることが可能です。

口座開設時のキャンペーンなどは直接引き出せない仕組みの会社もあるので注意して下さい。

GMOクリック証券の口座開設特典

新規FX口座開設+お取引で最大550,000円キャッシュバック。これは他社に比べキャッシュバック率が非常に高い特典です。

GMOクリック証券の公式サイトを見る

まずは1歩目をふみだそう!

FX取引を少額で始めるときの注意点はこの2つです。

  • FX会社で最低取引通貨単位が違う
  • 少額でも最低1万円は準備する

少額取引は、手軽に取引でき、経験を積むことに役立ちますが、注意すべき点はよく理解しておきましょう。

  • ハイレバレッジになりやすい
  • ロスカットされやすい
  • 相場分析がおろそかになりやすい

FXの口座開設する際には、この3点を検討のポイントにするのがいいですよ。

  • 取引単位は小さいか?
  • スプレッドは狭いか?
  • FX口座開設で特典はあるか?

この記事がこれからFXを始めてみたいと思っているあなたに役立てれば嬉しいです!

YOSHIKI@副業トレーダー
ヨシキ@
副業トレーダー

とにかく、まずは少額で始める一歩目をふみだすことです!

こちらの記事をみると、「FXは怖い・・・」という不安を解消できるかもしれません。

素人「FXは危険だからやめとけ」プロ「5つのリスクを覚えれば稼げる」その理由とは
★ヨシキの公式LINEはこちらです
はじめる
ゼロからはじめるFXの始め方
タイトルとURLをコピーしました